花火大会について

花火イメージ那須野ふるさと花火大会は、「ふるさと」の夏の風物詩として多くの市民にしたしまれており、

「この街が心から愛せるふるさとである為に」、
「この街が明るく心豊かな街である為に」、
「街の将来を託す子供達に夢と感動を与えること」

を目的に、隔年で開催されております。

この花火大会の実行委員会は、一般社団法人黒磯那須青年会議所、那須塩原市商工会青年部、那須町商工会青年部の3つの団体からの出向という形で構成されております。

各ご家庭の1回分のお金(約500円)を集めて、みんなで大きな花火を見ましょうというコンセプトで始めました。
私たち40歳までのこの地域の青年が集まり、みなさんの協力のもと、地域のために活動しております。
全ては街の将来を託す子供達に夢と感動を与えるために。

 

ご挨拶

「各御家庭で楽しむ花火のお金の一部を私たちに預けていただき、未来ある子ども達のために夜空に大輪の花火を!」という想いのもと、2年に一度開催してきた那須野ふるさと花火大会も、今回で第17回となりました。

前回大会は、多くの市民の皆様と、ともに創りあげる花火大会を目指し、ボランティア募集の増強や協賛いただいた方への招待席の検討、さらに本大会では初めてとなる一尺玉の打ち上げに伴う会場レイアウトの見直し等を行い開催しました。

今回大会においても、この地域の未来のために、より愛される花火大会を目指して新たなチャレンジを行って参ります。

第17回那須野ふるさと花火大会2016実行委員会は大会の運営にむけて、メンバー一丸となって邁進します。皆様のご支援ご協力をどうぞ宜しくお願いします。

大会会長 秋間英司